©2018 by B2Bhack.com.

企業変革プロジェクト「マーケティングをDNAに組み込む」の名称はアルテリア・ネットワークス株式会社の代表取締役社長CEO川上潤さんの発案によるものです。B2Bhack.comは「マーケティングをDNAに組み込む 攻略ガイド」の名称の使用に関して正式に合意を得ています。

 

独立・起業という道を歩み始めたマーケターの選択:B2Bhack.com・飯室淳史さん

2017年3月号 宣伝会議

マーケターのキャリアデザイン


トップマーケターが歩むキャリアの中でも、特に独立・起業を選んだ人は、どのようなきっかけで、あるいはどのような目的をもって、その道を選択したのでしょうか?自らの専門スキルを持って、独立・起業することのメリットとは。そして必要な準備・心構えとは。


「キャリア」を業種や職種で考えない

2016年9月に31年間勤め上げたGEヘルスケアを卒業し、B2Bhack.comを創設、BtoBビジネスをファシリテートする「BtoBファシリテータ」として独立を果たした飯室淳史さん。これまでに転職経験は一度もなく、営業部門やマーケティング部門の立場から、バイオテクノロジー業界に携わり続けてきた。かねてから独立を計画していたわけではなく、いわゆる「キャリアプラン」も描いてこなかったという。


「どんな業界のどんな会社で、どんな職種のどんなポジションで、どんな仕事をするか……『キャリア』というと、そういうことを思い浮かべる方が多いと思いますが、僕は一貫して、そういうキャリアは考えるなと教わってきました。なぜなら、今この世にある仕事のうち、何割が10年前・20年前に存在したでしょう?『宣伝会議』の誌面でも、10年前は『デジタル』というキーワードは出てこなかったはずです。変化の激しい今の時代、将来を予測するのは非常に難しい。3カ月先のことすらはっきりと見通すことはできない中、『こんな職種でこんな仕事をしたい』と既存の仕事を引っ張り出してきたところで、それは過去のコピーでしかなく、面白くありません」と飯室さんは言い切る。