• 飯室淳史

これだけ知っていればいい、三つの「デジタル化の本質」

日経 xTECH Active 連載第2回目

経営者に読ませる「B2Bマーケティング攻略ガイド」


 「デジタル化」「デジタルトランスフォーメーション」「デジタルマーケティング」――。こんな言葉が声高に叫ばれている。しかしそれらの本質をきちんと理解している経営者は少ない。


 いや、少ないどころか、ほとんどいないと言ってもいい。その本質を理解していないがために、間違ったデジタル化を推進して、無駄な投資を繰り返して、しかも全く成果につなげられていない企業が後を絶たない。


 デジタルを利用するユーザーだけでの話ではない。そのデジタル化を製品として、企業に売り込みをかける様々なシステムインテグレーターや広告代理店やコンサルティング会社も同じだ。


デジタル化を自社の都合の良い定義に書き換えて、自社のコンセプトを売り込むためにあえてデジタルマーケティングというバズワードを再定義している。


 つまり、デジタル化を理解していない売り手と買い手しかいないため、デジタル化の本質を理解して語れる人がいなくなってしまい、その本質とかけ離れた状況となってしまっている。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

続きは、日経のウェブサイトから↓